So-net無料ブログ作成

うつ病に効くのはお医者さんの薬だけです! [どうしても知って欲しい大切なこと]


最近伝え聞いたのですが、薬剤師さん、特に漢方薬局の薬剤師さんにとんでもないことをおっしゃる方がおいでのようです。

 

うつ病を治すのに不可欠なのは、相性の良いお医者さんに診てもらい、種類は少なくてもいいから十分な量の薬を出してもらい、よく休んで養生をする。


私はこう信じていますし、私以外の優秀な薬剤師さんたちもみんな同意してくださると思います。

治療の方針としてもこれが一番正しいと思っています。


ところがその薬剤師さんの言うことはまったく違っていました。


漢方薬局の薬剤師さんだけあって、高い漢方薬自然食品を薦める。

それはまあ良しとして、うつ病の人に「医者の薬は化学物質だから安心安全ではない!

医者の薬なんて効かないから身体に優しい漢方で治しましょう。」と言う!


最初に聞いたときあきれかえりました。

私が「うつ病はお医者さんの薬を飲まなければ治りませんよ。」と申し上げると、その人はなんと!

「そんなこと言う薬剤師さんにはじめて出会った!」と言うではありませんか!


私は知識の量では最低の部類の薬剤師だと思っていますが、その私を震撼とさせるようななんたる恐ろしい薬剤師さんです。


漢方薬だけ飲んでお医者様の処方薬を飲まないなんて、何も治療していないのと同然ではないですか!もしその人の症状が悪化して自殺でもしてしまったらどうするのでしょう?

薬剤師さんは責任を取れるのでしょうか?


うつ病は大雑把に言って、脳内のセロトニンという化学物質の量が減ってしまうためにさまざまな症状が出る病気です。だから脳内のセロトニンの量を増やすような薬を飲みます。


お医者さんの処方薬は、長い研究の結果セロトニンを増やすということが証明された薬ばかりです。


漢方薬が悪いとは言いません。でもそれらは、本当にセロトニンを増やすという証明はできているのでしょうか?


少なくとも処方薬の補助薬として漢方薬や自然食品を薦めるというならばいいでしょう。


でもそうでないのなら、漢方薬局さんの言うなりに漢方薬だけを飲むのは危険です。

 

どうか皆様もくれぐれもご注意下さい!


nice!(12)  コメント(2) 

出版不況 [気楽に読んでね(^-^)]


 すみません、またこんなに更新が遅れました。

 言い訳は言いません。こういう人間です。

 実は・・・・(って言い訳してるじゃん!(^^;;)

 また坐禅の本の出版に気持が行っていました。   

 まだまだあきらめません。


 でも、耳にするのは最近の出版界のお寒い事情ばかり。

 いかに本が売れないか。初版と言われる最初の刷りが、以前は

 1万冊とか当たり前だったようです。

 ところが今はその三分の一。それでもさばけない。


 結局出版社が考えることは、売れる作家さんの売れるだけをひたすら出版する。

 こんなど素人のよくわからない坐禅の本を出版する余裕など無いのだそうです。 


 う~ん、困りましたねえ。

 でもなんとか世に出したい。    


 頑張ります!まだ何か所か当たりたい出版社はあります。

 でももうこの辺で腹をくくらなきゃならないかもしれません。


 10年前、はじめた時は私もまだまだ若かった。  

 でも私がもたもたしている間に、本を見せたかった私の恩人が何人

 亡くなってしまったことか。


 なんとか来年の今頃までには形にしたいと思っています。

 少なくともそれまでは、このブログを続けるつもりでいます。

 よろしくお願いします。 <(_ _)>    


nice!(10)  コメント(0)