So-net無料ブログ作成
検索選択

「明るくなったね!」 [気楽に読んでね(^-^)]


私が坐禅(座禅)に出会ったのは29歳の時。今から30年以上も前の話です。

それ以前の私は、嘘の人生を生きていたと思っています。


なぜなら、暗い自分を隠そうとして、誰の前でもへらへら笑っていたからです。

友人たちはそれを信じて、「九子ちゃんはいつもにこにこ楽しそうだね。」と言ってくれました。

そう言いながら彼らはきっと言いたい一言を心の中に閉じ込めていたのでしょう。

「にこにこしているけれど、何考えてるのかとらえどころのない子だね。」


大好きだった先輩の言葉はちょっとショックでした。

「九子ちゃんは他の子と違って、いつまでたっても友達や僕らの中に入って来ない。どうしてなんだろう?」


どうしてか?そんなこと私の方が聞きたかった。

一人っ子で友達いなかった私が、やっと高校で少しだけ友達が出来、大学のクラブ活動で気楽におしゃべりする友達が出来たと自分では思っていたのです。


私はいつでも普通に友達と接していたつもりでした。それなのに、「入って来ない。」と言われてしまったら、私は一体全体どうしたらいいのでしょう?


大学4年間は、自分のダメさ加減を痛感させられた4年間でした。

それと同時に、人より劣っている自分を今から人並みに変えて行く絶望的な大変さにも気がついて、眩暈がしそうでした。


一年強の就職結婚、一年半の上京を経て長野に戻ってきた時も、私は基本的に昔となんら変わっていませんでした。

優しいM氏に自分の心の中の暗がりを見透かされないために、誰の前でもにこにこしていたのです。

嬉しくもないのににこにこしていることは辛いことでした。


それから数年たってから、隣の八百屋のおじさんに「九子ちゃん、この頃変わったなあ。明るくなったよ。」と言われました。おじさんは、優しいM氏と結婚したから私が変わったと信じているようでした。

確かにそれもかなりあります。(^^;;

でも、一番の原因は、もちろん大事な大事な坐禅(座禅)に出会ったからでした。


今までは、自分の心の暗さを隠すために、仕方なく、意味もなく笑っていました。

でも、坐禅(座禅)を知ってからは、楽しくて、幸せで、嬉しいから笑っています


ふたつの笑いの間には、天と地ほどの隔たりがあるのです。




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

とんでも薬剤師 ! [とんでも人間、とんでも薬剤師]

確かに私は薬局で家伝薬を売っておりますが、普通の意味での薬剤師・・とは別物と思って下さい。
私のようなおっちょこちょいの、調剤間違えてばかりの薬剤師と十羽一絡げにされることを、誇り高き他の薬剤師さん方はきっと苦々しく思っていらっしゃるでしょう。

本日もこんなことがございました。
夏休み小学生くらいのかわいらしい僕とお嬢ちゃんを連れた若いパパが来店されました。
とてもイケメンさんだったように思い出すのは、その後の彼の振る舞いのせいでしょうか。

いつも申し上げるように、私は二つのことを一度に出来ない人間です。
薬の説明しながらおつりを数えるのは、普段はまあ惰性でなんとかやっておりますが、本日のように頭の中にいろいろ抱えている時はそれがうまく機能しないことがあります。

最初若いパパさんは雲切目薬に興味が無くて、そのまま帰ろうとされていたので資料だけお渡ししました。
そしたら急に「目のかゆいのにもいいですか?」とおっしゃるので、「はい。花粉症の時に一番よく売れます。」という話をしましたら、ひとつ欲しいということになりました。
ふだんでしたら「正しい目薬の点し方」のチラシをよく読んでくださいという話をしながら、頂いたお金を眺めておつりの準備をするのですが、今日はなぜか変だったのです。

変なのはレジの目に付くところに一枚の一万円札があったことでした。(私が片付け忘れただけの話だったのですが)

さらに変なのは私の頭の構造です。その万札を見ているうちに、お客様がその一万円で支払って下さったとどんどん信じ込んでいくのです。

結局私は、その若いパパさんに9000円のおつりを渡しました。まったく違和感など覚えませんでした。
お客様はいったん薬局を出られ、駐車場へ向かわれました。

そして数分後、また三人で戻ってこられたのです。
「考えてみたのですが、僕さっき、やっぱり1200円出したんですよね。そうでしょう?どうでしたか?」
そんなことを言われても、私にはその時の記憶はとっくに欠落しています。(^^;;

しどろもどろにお答えしているうちに、彼は9000円をケースの上に載せ、子供たちを連れて戻って行かれるところです。

みなさま、ボーっとしている私のような人間が店番をしていると、たまたまこういう光景に出会います。
そのたびごとに、私はなんと素晴らしい国に生まれたものだろうと感激し、私が生まれたのが騙そうとする人たちがたくさんいるどこかの国じゃなくて日本だったという幸運を心の底から感謝します。

今日の私の失敗はそれだけではありませんでした。
坐禅(座禅)をするのも忘れていたのです。

もしも坐禅(座禅)をしていたら、なにかもっと気の効いたことを言えたような気がします。
お子さんたちに、「パパ、素敵だね。君たちも損をしても正しいことの出来るパパみたいな人になってね。」とかなんとか・・・。

坐禅(座禅)を忘れるとこんな風に後悔するばかりです。それなのになぜか、坐禅(座禅)が出来ない日がこの頃多いのです。
いけないなあ、やらなくちゃなあ、といつも思いながら、大昔のようにびくびくおどおどして辛い気持ちが無くなってきたので、怠け放題の毎日を送っている。それが私です。(^^;;

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

宗教に染められたくない人々 [どうしても知って欲しい大切なこと]


坐禅(座禅)と聞いただけで、「ほら、宗教の話!」と身構える人々がたくさんいらっしゃるようです。
私たち日本人は「まっさら」が好きなんだなあとしみじみ思います。

仏壇があって、お墓があって、お参りに行くでしょう? もうそれだけで充分あなたは仏教徒です。あなたが何を思おうと、自分は無宗教だと感じていようが、外国人の目から見れば立派な仏教徒のはずなのです。
でも、自分が仏教徒とは思われたくない。宗教なんて胡散臭いものとは無縁の存在でありたい。

日本人は昔から色をつけられるのを好みません。
当時の危険思想と思われていた共産思想のことを「赤」と呼び、あいつは「赤」だ!の一言で村八分にされ、のけ者にされる。
「赤」の人間をすべて排除することにより、残りの村はまっさらのままで居続ける事が出来る。
こういう成り行きのことを「レッドパージ」と呼ばれたそうです。(パージとは追放という意味です。)

つまり私たちの心には、まっさらが最上で、色が付いてるのは悪であるという意識がどこかに潜んでいるのではないでしょうか?

私は長野の善光寺の裏手にある「大本山活禅寺」で坐禅(座禅)を習いました。
禅僧が坐っている大きな看板が出ていて、禅寺とすぐにわかります。

禅宗というと大雑把ですが、特に曹洞宗の寺を菩提寺に持つ家が、私の周りには結構たくさんあります。

曹洞宗といえば、皆さんが厳しい修行の場として真っ先に思い浮かべる福井の永平寺が有名ですね。
残念ながら曹洞宗と名乗りながら、坐禅(座禅)の出来る道場を持っているお寺はもしかしたらそんなに多くはないのかもしれません。
それだけ坐禅(座禅)は私たちから遠い存在になってしまっているのでしょうか。
そういうまっとうな禅寺に対してさえも、嫌悪感を抱く人がいるのは本当に悲しいことです。
 
新興宗教と言われる宗教団体の名前を持ち出す時よりはあからさまな嫌悪感を顔に出す人は少ないけれど、それでも「宗教だから嫌」なのです。
「あの人は宗教をしている」と思われること自体が嫌なのです。
なぜなら宗教自体にも色が付いているから。具体的に何色かはよくわからないけれど、まっさらではなくなってしまうという事実がそう感じさせるのでしょうか?
 
嫌!は感情ですから、理論を尽くしても説得出来ません。「だめったら、だめ!」が一番やっかいなのです。
 
そういう人々のために、敢えて申し上げたいと思います。
 
不安や悩みを抱えて生きる人々には、是非是非禅寺へ行って坐禅(座禅)をしてみて欲しい。
でもそれは、限られた期間だけでいい。
 
あなたが正しい坐禅(座禅)の仕方を身につけるまで。つまり正しい姿勢と正しい呼吸を自分のものにしていつでもどこででもお寺で習ったやり方を再現できるという自信がついた時まで。
まあ、数ヶ月というところでしょうか。
 
そうしたらもうあなたはお寺に行く必要はありません。
それなら安心でしょう?(^-^)
 
たぶんその間、 円座と呼ばれる座布団代の数千円くらい 以外のお金を払う必要はないと思います。
私もそうして1年間、タダで活禅寺に通いました。
 
禅寺のモットーは「来るものは拒まず。去るものは追わず。」なので、去って行った人々に対してとてもあっさりしているはずです。
 
正しい坐禅(座禅)のやり方を身につけて、もうこれでこの寺から得ることは何もないと思ったら去ればいい。
何かまだ物足りないからもう少し知りたいと思えば、お寺にとどまる(入門)ことを考えたらいいと思います。
 
もちろん一度去ったからといって、あなたがお寺に帰ってくることを誰も拒みません。
坐り方がまたわからなくなったら、いつでもお寺に戻って来てください。(^-^)

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

坐禅(座禅)は辛くない!! [どうしても知って欲しい大切なこと]

この頃少しずつ呼吸法やらヨガやらマインドフルネスやら、人々が呼吸の大切さに気づき始めているようです。
呼吸といえば坐禅(座禅)!
そう。坐禅(座禅)の基本は呼吸なのです。だから、皆様が思うほど難行でも苦行でもないのです。
私が皆様に一番伝えたい事。それは、坐禅(座禅)は難行苦行でもないし、辛い修行でもないということ。

だってこの私が出来たんですから(^^;;、辛いはずはありません!


もしもあなたが、永平寺のお坊さんの修行や、警策(姿勢が悪い時叩かれる棒)をイメージして坐禅(座禅)を辛い苦しいものと考えていらっしゃるなら、それは大きな間違いです。


こんなにも素晴らしい坐禅(坐禅)という宝物を「なんとなく大変そうだから。」なんていう理由で、知らないまま一生を過ごしてしまうなんて、本当にもったいないと思います。


特にあなたが、30年前の私のように、不安失意劣等感に打ちひしがれて、人の目ばかり気にして生きていらっしゃるとしたら・・・・。 そしてどんな本を読んでも、「こんなこと、私なんかに真似出来るわけ無いじゃない!」とあきらめて、結局長い長い間、おんなじ気持ちのまま不幸?な一生を送っていらっしゃるのだとしたら・・・・・・。


そんなあなたには特に、坐禅(座禅)を試して欲しいのです!!

お寺に行く勇気を持って是非持って欲しい。


もうひとつ大事なこと。それは坐禅(座禅)は是非お寺で習って欲しいということ。

こういう世の中です。坐り方を書いた本もアプリもたくさんあると思います。

だけどそんなものを頼りにしてはいけません。


実際にあなたがあなたの近くにあるお寺に行って、お寺の和尚さんにきちんと坐り方を教えてもらって、納得できる坐り方が出来るまでは少なくても続けること。

それだけが秘訣です。


きっと坐禅(座禅)があなたを幸せにしてくれる!!

なかなか最初のうちはうまく坐れないので、自分には合わないのだとすぐにあきらめたくもなるでしょう。

そういう時に坐禅(座禅)の力を信じて、信じ続けられた人だけが坐禅(座禅)を、人生の宝物を手にすることが出来るのです。


ほら、やっぱり頑張る話じゃないかって?

そう。ここだけは、この関門だけはなんとしても乗り越えて欲しいのです。


正しい坐り方は、本で見る限りひとつかもしれません。でも、あなたにとって人生を変える坐り方は、一生懸命お寺に通って、ああでもない、こうでもないを繰り返して、「ああ、このことか!」とやっと納得する。ちょっとしたコツのようなものを掴むのが難しいのです。


それをつかむまでの日々がもしも長くなってしまったとしても、坐禅(座禅)の力を信じて是非続けて欲しいと思います。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

坐禅(座禅)はうつ病には効かない! [どうしても知って欲しい大切なこと]



ネットに流れる情報では、「うつ病を薬無しに治す!」という無謀なことが書いてあって、一応薬剤師のはしくれ(^^;;、プラス現役うつ病患者である私は、困ったことだと思っています。


薬という現代社会の大恩恵が与えられている中で、薬に頼ることをよしとしない人々がいます。

副作用が怖いから?薬が無くても治ればそれに越したことは無いから?


うつ病という病気の一番の怖さは、自殺願望です。それを少しでもやわらげくれる力が証明されているものは、お医者さんが出してくれる薬だけです。


うつ病なのに副作用怖さに服薬しなかったら、あなたは最悪の道に向かって走っています。

そしてあとになって後悔しても、もう遅いのです。


多くの人々が薬の主作用よりも副作用のあるなしに注目されているのを知っています。

だから、副作用がないからという理由で、お医者様の薬よりも高くて効かないサプリメントを信じている人々を知っています。


彼らはサプリメントにとても寛大です。「だって副作用がないんだもの。効く効かないなんて二の次よ。効かなくたって半分気休めで飲んでるんだから別にいいのよ!」

そう言われてしまえば、もう返す言葉は見つかりません。


サプリメントの意味をご存知ですね?不足を補うもの、補充するものという意味であって、決して「治すもの」ではないのです。


うつ病という病気は、命にかかわる怖い病気です。お医者さまの薬でしか治すことの出来ない大変な病気なのです。


ここ10年ほどの間に、日本のうつ病治療薬は大変な進歩を遂げました。

薬の種類も増え、難治性と呼ばれる治りにくいうつ病もだんだん治るようになって来ました。


うつ病は命に関わる大変な病気です。サプリメントも呼吸法も坐禅(座禅)も効きません。

あなた一人ではうつ病に立ち向かうことは出来ません。

どうぞ一日も早くお医者様にかかってください。服薬を開始して下さい。


うつ病のときに坐禅(座禅)をしようなんて、愚の骨頂です。

それよりも休養!服薬!そして良いお医者さまに出会うことです!

サプリメントを否定するものではありませんが、あなたが本当に病気を治したいなら、真っ先に行くべき場所はお医者様であり、信じるべきものは処方箋という紙と交換して与えられる薬たちです。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

「ママ、時々うつ。坐禅(座禅)でしあわせ!」 [どうしても知って欲しい大切なこと]

★「ママ、時々うつ。坐禅(座禅)でしあわせ!」というタイトルで、不器用で人生後ろ向きに生きてる人のための本を出版したいと思っています。 


本当を言えば、商業出版(全国の書店に並ぶ)して下さる会社を求めて上京し、出版社を回り始めてもう5年になります。 でも無名の私が、しかも坐禅(座禅)の本を出すのはとても難しいのです。


そこで電子出版もにらみながら、このブログを書いていくことに決めました。


 
私が出したかったのは「なにをやらせてもうまく行かない不器用な怠け者の根性なしが書いた坐禅の本」です。  禅寺の和尚さんみたいに辛い修行を耐えられる人じゃなく、すぐに辛くなって足を崩しちゃう人や、ぼーっとしてすぐ眠くなる人や、頑張りたくても身心が弱かったりする人のための本です。(そのまんま私(^^;;)

偉い和尚さんではないので、仏教についてはさっぱりわかりません。
怠けていたので、何年たっても初心者です。
でも坐禅(座禅)をしただけで、世界で一番!とうぬぼれるほど幸せになりました!
変ですね。坐禅(座禅)をする前は、「なんて不幸な私!」と毎日自分を呪っていたのに・・。難しいこと何もわからなくても、坐禅(座禅)をするだけで充分なんです!!

タイトルにある「うつ」ですが、うつ病というよりも、「落ち込み」と解釈して下さい。
これも大変大切なことですが、こんなに素晴らしい坐禅(座禅)も、本物のうつ病の時はまったく効果がありません。
だから、今うつ病で苦しんでいる人は、早合点してお寺に行かないで下さい。却って状態を悪くしてしまいます。

坐禅の本ですが、子育てママの反面教師の本としても読んで頂けます。
出来すぎ母がすべてをやってくれて育ったために、こういう不器用な根性なしが生まれてしまいました。まあ、今ではそれも含めて母には感謝感激です。(^^;;
あなた、お子さんに手をかけすぎていませんか?

というわけで、しばらくの間こちらをメインの日記にさせて頂きます。

ブログではなるべく本と重ならないようなお話をしたいと思ってます。


★ちょっとでも本が読みたいと思って下さった方はコメント頂けると有難いです。

編集者さんに振り向いてもらえるチャンスになります。


ではとりあえず、始めてみます。


九子のダメ母の証(日記)も、どうぞ忘れないでくださいね!(^-^)

nice!(7)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康